ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

戸籍届出

必ず印鑑(認め可・シャチハタ不可)をお持ちください

各種届 届出期間 届出人 届出場所 届出に必要なもの
出生届

生まれた日から14日以内(生まれた日を含む)

※国外で出生があったときは3ヶ月以内

1.父または母
2.同居者
3.出産に立ち会った医師または助産婦
4.その他の立会の者
父母の本籍地、出生地、届出人の住所地所在地のうちいずれかの市区町村役場

1.出生証明書(届書)
2.母子健康手帳
3.国民健康保険証(加入者のみ)

死亡届 死亡の事実を知った日から7日以内 1.同居の親族
2.同居していない親族
3.同居者
4.家主・地主
など
死亡者の本籍地、死亡地、または届出人の住所地所在地のうちいずれかの市区町村役場

1.死亡診断書(届書)
2.届出人の印鑑

婚姻届 届出によって効力を生ずるので届出期間はありません 夫と妻(成年者の証人2人以上が必要) 夫または妻の本籍地、住所地、所在地のうちいずれかの市区町村役場

1.婚姻届書
2.本籍地以外に届出するときは戸籍謄本または戸籍全部事項証明書
3夫及び妻の印鑑(旧姓のもの)
4.夫または妻が未成年者のときは父・母の同意書
5.国民健康保険証(加入者のみ)
6.身元証明書(運転免許証、パスポートなど)

離婚届

届出によって効力を生ずるので届出期間はありません

※裁判離婚(調停、審判、和解、認諾、判決)の場合は成立または確定の日から10日以内

夫及び妻(成年者の証人2人以上が必要)

※裁判離婚のときは原則申立人(証人は不要)

夫または妻の本籍地、住所地、所在地のうちいずれかの市区町村役場 1.離婚届書
2..本籍地以外に届出するときは戸籍謄本または戸籍全部事項証明書
3.夫及び妻の印鑑
4.身元証明書(運転免許証、パスポートなど)
5.裁判による離婚の場合は調停調書の謄本、和解調書の謄本、認諾調書の謄本、または審判もしくは判決の謄本及び確定証明書のいずれか
離婚の際に称していた氏を称する届
(法77条の2)
離婚の日から3ヶ月以内 離婚によってその氏を使用するもの 夫または妻の本籍地、住所地、所在地のうちいずれかの市区町村役場 1.離婚の際に称していた氏を称する届書
2.本籍地以外に届出するときは戸籍謄本または戸籍全部事項証明書
3.印鑑
転籍届 届出によって効力を生ずるので届出期間はありません 戸籍の筆頭者及び配偶者 本籍地、所在地、転籍地のうちいずれかの市区町村役場 1.転籍届書
2.戸籍謄本または戸籍全部事項証明書
3.夫及び妻の印鑑
※所在地とは、居所や一時的な滞在地も含まれます
※婚姻届、協議離婚届、養子縁組及び協議離縁届、認知届については、届出に来られた方の本人確認を行います(運転免許証などをお持ちください)