ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

組織・体制

組織について

 自然生態系農業に関する各種事業や運動を展開するため、表のような推進組織体制をとっています。
 まず、有機農業推進会議は、広い視野から将来を展望した推進計画の策定及び事業推進の基本事項を決定します。 その具体的普及推進機関として有機農業開発センターが設置されております。
  また、自然生態系農業の実践拠点としては、各自治公民館の生産者と地域リーダーである支部長・推進員及び婦人部で構成する「実践支部」と農協の「生産組織」とからなっています。
  なお、この実践組織の協議調整を図るため実践振興会を設け、各地域の特性を活かした積極的な活動を展開しています。


自然生態系農業推進体制の組織図の画像

有機農業推進支部座談会

有機農業推進支部座談会の画像
座談会(地域の支部を対象に開催)
活動計画などの周知と地域の生産者との意見交換

有機農業婦人部の活動

有機農業婦人部の活動の画像
綾町産の安全な大豆を使った手づくりの味噌や白だしをつくっています。

食文化の普及活動

食文化の普及活動の画像
有機農業婦人部による「町と村を結ぶ食のふれあい広場」
町内の安全な農産物を使い、各支部ごとに特徴を生かしたふるさと料理をつくっています。